« ワークベンチウィンドウ→ページ→ビュー | トップページ | ページへのビューの表示・非表示 »

2004.02.05

新規ビューの作成方法

エディタをさまざまな角度から補佐してくれるビュー。ビューは「Window→Show View」メニューで一覧を見ることができるが,それでは物足りないと思ったら,当然自作することができる。

ビューの作成方法の基本は,以下の2点。

 (1) org.eclipse.ui.views拡張ポイントへの自作ビュー定義の記述
 (2) org.eclipse.ui.IViewPartインタフェース実装クラスの作成

(1)は当然プラグイン・マニフェスト内に記述する。(2)について,通常はIViewPartインタフェースを使用するのではなく,org.eclipse.ui.part.ViewPart抽象クラスを継承する。

たとえばこんな感じ。

  <extension point="org.eclipse.ui.views">
    <view
      id="yoichiro.testView"
      name="Test View"
      class="yoichiro.TestView">
    </view>
  </extension>

  package yoichiro;
  public class TestView extends ViewPart {
    public void createPartControl(Composite parent) {
    }
    public void setFocus() {
    }
  }

これだけで「空の」ビューは完成。Run-time Workbenchを起動して,「Window→Show View→Other...」メニューを選択して,Show Viewダイアログを表示する。その中のOtherの中に,Test Viewが追加されている。これを選択してOKボタンを押せば,グレーののっぺらぼうのビューが表示される。

もしOtherではない場所にしたければ,カテゴリを自分で定義すればよい。以下のような感じ。

  <extension point="org.eclipse.ui.views">
    <category
      id="yoichiro"
      name="Yoichiro's View">
    </category>
    <view
      id="yoichiro.testView"
      name="Test View"
      class="yoichiro.TestView"
      category="yoichiro">
    </view>
  </extension>

|

« ワークベンチウィンドウ→ページ→ビュー | トップページ | ページへのビューの表示・非表示 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12631/168198

この記事へのトラックバック一覧です: 新規ビューの作成方法:

« ワークベンチウィンドウ→ページ→ビュー | トップページ | ページへのビューの表示・非表示 »